さて、いよいよ「#ゆず活」宣言のお店、3店舗目のご紹介です。

「#ゆず活」宣言については、ご存知ではない方はこちらの記事をご覧ください→【#ゆず活2019】「#ゆず活」宣言の店ができました

今回は東京・神保町にある「日本酒酒場 巡りや 神保町」のご提供メニューを頂いてきました。繊細にゆずを効かせた料理はとても美味しかったですよ!


日本酒酒場 巡りや 神保町店

P7060847

地下鉄神保町駅から徒歩5分もしないところにある「巡りや 神保町」。高知家ののぼりがでっかく飾られています。

P7060863

高知をコンセプトにしているお店で、外観をはじめ、店内のディスプレイも高知色がとても豊か。ゆずも通常から使っているのだそうですよ。

期間限定で3点の 「#ゆず活」メニューが加わっていました。




それぞれご紹介していきます。

ゆず味噌ご飯


長太郎貝(ヒオウギ貝)の殻に乗って、おいしそうな茶色をしたご飯がやってきました。
お店で仕込んでいる肉味噌と、ご飯とチーズを混ぜ、そこにゆず果汁を加えて混ぜるのだそうです。

P7060874

肉味噌の濃厚さと、ゆずの酸味が両立しているのが特徴的でした。でも、このゆず味噌ご飯はそもそもの肉味噌のコクとうまくマッチしています。

添えられていたゆずを絞ってみたらさらにさっぱり。おお、これはアリですよ!

濃厚なものを食べたあとにするするっと食べられそう。〆にいいかもしれません。

ゆず塩唐揚げ

P7060885

お次の一品。

鶏肉をゆずの果汁と塩で漬け置きし、カラッと揚げた唐揚げです。

最初の歯ざわりでさくっとした触感を味わえる衣に、ジューシーな肉質の鶏のバランスが最高です。

衣の油感、鶏肉の風味の主張が通っていますが、その脇にそっとゆずの香りが顔をのぞかせている、そんな印象です。ほんわか素朴に残るテイストは、唐揚げらしさを失わせずにサポート役に徹しているかのようです。

P7060900

このメニューにもゆずが添えられていました。ゆずを絞って食べてみると。油っこさが飛んでいきますね。

生しぼりゆずサワー

P7060905

一杯につき、ゆず半個をしぼって作ってる生しぼりサワーです。一口ごとに口内に広がるゆずの香りがさわやかこの上ないですね。日頃の憂さをすっと流してくれる優しさを感じました。

ゆず味噌ご飯と唐揚げのあと、最後にゆずサワーでスッキリするのは明日への切り替えにぴったりな一杯でした。高知県の食材中心のお店ですから日本酒をたくさん飲みたくなるでしょうが、今日と明日の区切りの一杯として、いかがでしょうか?

ここは東京の高知。ゆずを楽しもう

P7060927

もとからゆずを使った料理を提供している「巡りや 神保町」。期間限定メニューもいい感じにゆずを取り込んだ味わいがありました。

写真・右が高知出身の田渕さん。
写真・左の店長の小野さんは、その食材の美味しさに心打たれた方。

そんなお2人がメインで営む高知のお店で、ゆず活して心癒しませんか。


神保町 巡りや 店舗情報

所在地:東京都千代田区神田小川町3-14-1 小川町平木ビル 1F
営業時間:ランチ 月~金 11:00~14:00
     ディナー 月~日 17:00~24:00(LO 23:00)
     ※都合により変動する場合があります
TEL:03-6811-0607